あなたは借りられる!?借入れ診断

申込前に自己診断をしてみよう

気軽にキャッシングできるカードローンは、審査に通らなければ利用することができません。
審査通過するのかどうかは申込してみないとわかりませんが、ただ、闇雲に申込すれば良いわけではありません。
申込して審査する段階で、個人信用情報に記載されるようになります。
審査通過するしないに関わらず、記載されるようになり、複数申込をすると、その人は危険性が高いと判断され、さらに借りることが困難となります。
そうなると、借りたくても借りられない状態になるので、複数申込は良くありません。
そうならないためにも、まずは自分が借りられる人なのかどうかを申込する前に自己診断をしてみましょう。
必ずそうなるわけではないけれども、今は難しいのかどうかの判断ができるためおすすめです。

年収と勤続年数そして他社の借入状況を確認しよう

借りられるのかどうかの大きなポイントとなるのが、年収と勤続年数、そして他社の借入状況です。
総量規制だけを見ると、100万円以下の年収でも30万円ほど借りられるようになるのですが、しかし、実際は違います。
生活費を考えると、返済に回せるお金は少なく、貸す側にとって危険性が高い年収になります。
借りる金額や家賃などにもよりますが、最低150万円以上あるのかどうかで判断することがおすすめです。
そして、年収が良くても勤続年数は最低でも半年ほど必要としている会社が多いですし、他社の借入が多ければ多いほど厳しくなります。
勤続年数が短い場合は、最低でも半年以上働いてからの申込、そして他社の借入が多いのなら、できるだけ返済をして減らしてからにしましょう。